FC2ブログ
ニュースなどのトップ記事はここに入れてください。
先日、郵便にて国交省より「フロンティア事業に採択」との報告を受けました。

フロンティア事業って何?
って方がほとんどだと思いますが、

内容をご説明しますと

建設企業が、連携の強化を図り、技能者等を新規に雇用することにより、維持管理、
エコ建築、耐震、リフォーム等の成長が見込まれる市場の開拓を図る事業を支援する
「建設企業の連携によるフロンティア事業」

とのことです。

簡単に言うと、
「特化した技術を持った企業同士で今後伸びそうな事業を見つけてください。
国としては、そういった企業のために支援を行いますよ。」
ということでしょうか?

国交省のリンクはこちらです↓
フロンティア事業の説明

弊社は、小林の生コン関係を取り扱っている企業様と連携をとりました。

事業名称は「高反射塗料による輸送中のコンクリート温度上昇抑制の試験と全国販売」です。

生コン車への温度抑制を目的とした、ファームバリアの営業展開へのご支援です。

今後はエビデンスを十分に確保し様々な視点からこちらの事業へ注力できるものと感謝しております。

来週末 東京にて説明会がございますので。

また後日にでも。

今後とも、弊社および遮熱塗料ファームバリアをよろしくお願いします。

認定書(サムネイルですのでクリックすると大きく表示されます。)
フロン






スポンサーサイト



|04-22|専務コメント(0)TOP↑
本日は、コンテナボックスの遮熱塗装をご紹介します。

コンテナボックスってなに?
と言う方へ。。

貨物などで運ばれる大きな金属製の部屋の事です。
フェリーや貨物列車などに乗って運ばれます。

cool2

そのコンテナにも色んなタイプがあるようで、
我々が現在行っているのは・・

「保冷タイプのコンテナボックス」であります。

中はこんな感じです。
cool3


このタイプは、冷房がついていて温度の上昇を懸念する商品
などが主に運ばれるわけです。

このコンテナにファームバリアを塗布する事で、今後温度上昇を抑制し
冷房効率を向上させようと言う環境対策のもとにこの計画が始まりました。

施工手順としては、
一度、不必要なシールやステッカーを除去してファームバリアを
たっぷりと塗布します。

その後、新たにステッカーを貼り付け出来上がり。
と言うところです。

今回は、宮崎港で行っています現場を載せております。

写真は、宮崎経済連様よりご依頼のあった冷房コンテナでございます。

cool4
cool2
cool5

かなりの艶が出てピカピカに反射しております。
今後、温度データを採取し。遮熱効果と冷房効率の関係を取得しエビデンスとして
蓄積していきたいと思います。

今後は、物流も大きく日本の生命線を担う大きな事業となりえます。
我々が出来る何かを今後とも模索しながら、地元企業として宮崎を盛り上げてまいりたいと思っております。

|04-05|専務コメント(0)TOP↑

プロフィール

専務

Author:専務
株式会社宮防

Twitter

最新コメント

FC2カウンター

最新記事

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード